白鷺伝説(下呂温泉由来)

人間と神様がまだ仲良しだった頃のお話し

古い古い昔より、下呂には豊かに湧き出る温泉が有り、村の人たちに親しまれていました。
ところがある日、大地震がおこり、下呂のお湯がぱったりと止ってしまったのです。 村の人たちはたいそう悲しみました。
そんなある日、一羽の白鷺が益田川の河原に降り立ちました。あくる日も、その次の日も、その白鷺はやってきて、同じ場所でじっとしているのです。
不思議に思った村人がそこを訪れると、温泉がこんこんと湧き出ているではありませんか。 そして、白鷺が飛び去ったあとには、一体の薬師如来像が。そう、白鷺は村の人たちを哀れんだ薬師如来の化身だったのです。


下呂温泉駅前の白鷺の像


‥‥‥‥というあったかなお話しが白鷺伝説。そんな時代から愛されてきた温泉は、いまも川原から溢れ出ています。尽きることのないお湯の量 、これも薬師如来のおかげでしょうか。


┃白鷺伝説 ┃日本三名泉下呂温泉の泉質・効能温泉入浴方法